読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れへ。そこにいてくれてありがとう

CHICHI (id:A0909T1109)

たしかに、神様はいると思います。人それぞれ何か使命があるような気がしてなりません。私はあなたのブログを見て、救われた気分にさせていただきました。ありがとう。

 

とコメントを頂きました。こちらこそ、「ありがとう」と言う言霊をありがとうございます😊

下記のコメントを書いたことで、私こそ救われました。

私はですね、実は神さまなんていません。とか言う人もOKだと思っています。

私は神さまいる派で、あなたはいない派なのねって、言ってしまうと、派閥になってしまって、ホント、バカバカしくなってしまいます。

私の神さまは、そんなしょうもないこと、こだわっていませんから〜笑

 

私の元夫のお義父さんは、とても貧乏でした。身なりも汚く、住まいも汚かったです。裕福な私の実家とは、雲田の差でした。お義父さんは、土木作業をしたり、元夫に資金的に頼っているのが、大キライでした。でも、元夫はとても家族思いでしたから、お義父さんのことも大事にしていました。

私の子どもたちは、時々、お義父さんの所へ遊びに行きました。何も取り柄のない汚いおじいちゃんですが、子どもたちは、なんだかおじいちゃんが大好きでした。

 

今なら分かります。お義父さんはとても暖かな人だったのです。

身なりや、職業や、財産やそんなものは人間の価値には、関係がなかったのです。

だから、山間地域にある、お義父さんのお墓に、子どもたちとお参りした時は、なんだか本当のお父さんに会えた気がして、とても嬉しく思いました。

私は今日、お義父さんの話題をした瞬間がありました。やっぱり、お義父さんの話しをしたら嬉しくなりました。

こんなにもいたらない嫁だったけど、優しいお義父さんなら、きっと許してくれてるよなぁ。

でも、生きておられた時に、もっと人間としての価値を理解して、そのことを言葉にして伝えてあげたかったなぁ😢💧

だから、人の使命は、普通のお父さんと言うだけでも、充分過ぎる価値があると私は知っています。

 私には魂の片割れがいます。魂では繋がっていますが、現実の彼とは出逢えていません。

今、目の前に彼がいてくれたら、私は彼に「そこにいてくれてありがとう。」と伝えてハグをしてあげます。

 

あなたは、大切な人の価値を理解して、きちんと言霊にして伝えていますか?

あなたは、大切な人が目の前にいるのに、嬉しい気持ちを伝えて、ハグをしていますか?

あなたは、自分がそこに居るだけで、大きな価値があることに気づいていますか?