読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れのスペース

カルマを違う方向から見てみたら、、、

そんな見方もあるのね…  Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

仕事の面接試験で、嫌な質問一杯された。と怒ってる人がいた。

でも、自分が本当はその仕事をしたくないって気づかせてくれたんだって。

いつも怒鳴ってる上司がいて、相当凹んでる人がいた。

でも、自分だって上司の大変さに気づいてあげてなかったし、コミュニケーション取らなくなってたと反省したんだって。

いい加減な仕事をする人に、腹が立ってる人がいた。

でも、自分は白黒つけすぎて、窮屈すぎて、自分の首しめてたの気づけたんだって。

いつも上司の目を盗んで、周囲に意地悪して、上司には媚びてる人がいた。

でも、上司に見られてる環境が多くなると、意地悪ができなくてストレスが溜まってきたんだって。

いつも、まだ起こってないことを心配して、万全の準備をしてる人がいた。

でも、準備してる間に、大事なもの見失ってるってたんだって。

いつも、愚痴ってる人がいた。

でも、愚痴ってる人には、周囲もその人の愚痴りたくなることしか見てくれないんだって。

いつも、無愛想の人がいた。

でも、笑顔で挨拶しないのは、自分も同じだったんだって。

いつも、こだわりを持ってる人がいた。

でも、こだわりすぎて自由が無くなったんだって。

いつも、周囲にイヤな奴がいた。

でも、いつも、人のせいにしてる自分がいたんだって。

いつも、頑張り屋の人がいた。

でも、それって、抱え込んでるとも言うんだって。

いつも、周囲にすごい人ばかり集まる人がいた。

でも、それって、自己卑下してるからそう見えるだけなんだって。

いつも、忙しかったり、家族の問題が起こってる人がいた。

でも、それって、本当に片付けないといけない問題から目を背けそむられるんだって。

いつも、友達多かったり、メル友がいたりする人がいた。

でも、親友っていざという時にしか、連絡取らなくても親友だって知らなかったんだって。

いつも、規則に従順で、誠実な人がいた。

でも、それって糞(クソ)真面目って言うんだって。

いつも、ビジネスマナーを身につけてる人がいた。

でも、本当に大事な時は、ビジネスマナーって、役立たないんだって。

いつも、ポジティブな人がいた。

でも、それって、陰の良さを知らないってことなんだって。

いつも、優しい人がいた。

でも、それって、人の目を気にしてるとも言うんだって。

いつも、楽しそうな人がいた。

でも、心って、悲しい時には、悲しんで欲しんだって。

いつも、心の中にポッカリ穴が空いてる人がいた。

でも、それって、魂の片割れのスペースだったんだって♡