読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れのプラチナの月

moon724さんへ

コメントをどうもありがとうございました😊

moon724さんのコメントは、魂の片割れにも春が来た。に頂いたものです。

moon724さんの話しって実はよくありますよね。両親や、子どもや、兄弟や、夫と上手くいかない。理由は、誰かが縛り付けるとか、身勝手な行動するとか、程度はともあれ、ホントよく聴きます。むしろ、爽やかに理解し合えて、思いやりしかなくて、癒し合って、助け合うけど、干渉し合わない家族なんて見たことも聴いたこともありません。もちろん、私の家族だって、子どもたちとの関係だってそうでしたよ。そこが、クリアしてたら、カルマなんてないので、とっくに地球からは卒業させて頂いているはずです。

ただ、違うのは、程度の問題と、本人の捉え方の問題だったりします。

では、せっかく機会を与えてくださったので、moon724さんへのメッセージを自分のこととしてとらえてみてください。

ちなみに、私はmoon724さんのことは、絵を送るための、住所と、名前を一瞬見ただけで、何も知りません。

たしかに、moon724さん、波動は随分と軽くなられましたね。

でもですね、その軽さは教師などをされている方によくある、良い子の軽さに感じます。軽くなった風ですね。つまり、まだ心の奥深いところは、悲しんでいます。その悲しみが、気づいていないことをお伝えしますね。

お父さんはね、きっと苦しみながら家族のために頑張ってこられたのですよ。でもね、昔の人だから愛情表現が下手くそだから、お金を稼ぐことが家族への愛情表現だと思っていたんですよ。でも、お母さんは、愛情を子どもたちを可愛がってくれたり、自分に触れてくれたりして欲しいけど、お母さんも不器用たがら、そんなことを伝えるなんて、頭によぎらなかったんですよ。そしたら、必然的にお互いの心も、体も離れていって、お父さんの心の奥深いところは、寂しくてしょうがなくなったのです。だから、お母さんと心も体も触れ合わない寂しさを浮気して気づかないようにした。でも、お父さんの頭は気づいていないけど、心が余計に寂しくて、虚しくて、お金にこだわることと、お母さんにもっと自分を愛して欲しい。って言うかわりに態度でイライラを示したんです。

そして、お母さんは、そんなお父さんの悲しさなんて気づかないから、自分が惨めで、情けなくて、心の奥深いところでは、お父さんに愛されないのが悲しくて、だから、子供たちには、私みたいに惨めな思いをさせたくないと、子供たちをコントロールするしか役目を見出せなくなったのです。

本当はお互いに、ただ、愛情表現が出来ない不器用な世代や、環境や、地域という背景があったに過ぎないのです。

そして、お母さんの毒親の祖母も、その親、また、その親の親とカルマのバトンタッチをして来たと言う気の毒な人だったのです。

そして、末っ子のmoon724さんも、お母さんの愚痴を聞く、夫から暴力を受ける、それで皆んなが丸く収まるならと、怒りや、愛して欲しいと表現して甘えるのを我慢してきたのです。

そして、不器用で、そうするしか方法を知らなかったお母さんと同じ方法で、子供たちをコントロールしてきたのです。ただ、上手な子育ての見本を知らなかったと言うだけです。

でも、子供さんや、ツインの彼が一石を投じてくれて、今まで気づかなかったことに気がつかせてくれたのですね。子供さんたちに、たっくさん、沢山、お礼と愛で感謝を示してあげてくださいね。(^ー^)☆彡

でも、そんな不器用な祖母、父、母に、絶対的に地域的な要素や、時代背景や、本人の解消されていない過去世からのカルマや、ご先祖さまから続く解消されていないカルマがあったのは否めませんし、誰もが【無知の被害者】であり、【愛情表現が出来ない不器用な人】と言うだけのことです。

だから、このような未熟さを心から許してあげるのです。

そして、あなたが、これまで貞操を守れたり、知恵を与えられたのは、その反面教師や、コントロールがあったからこそだと感じます。

私が魂の片割れのストーカーの彼女に感謝しているのも、コントロールのお陰で、彼がむやみに貞操を乱さなかった。と言うこともあります。

そして、子供の頃に不自由なく育ててもらった環境にも、お父さんの仕事の環境は過酷だったと思われますが、家族のために稼いでくれた頑張りに、ただただ感謝です。本当に働くのは大変なことですよね。

そして、お母さんの愚痴を聞き、自分を殺すと言う態度が身につき、自尊心を無くしてることに気づいた元夫は、暴力を振ったのです。

今となっては自尊心を持つ必要性を心から腑に落とせ、また、過去世で逆の立場であったことの、自分の大きなカルマをプラスマイナスゼロで、浄化させてくれたことに、元夫に感謝するのです。

おばあちゃんも、世代背景、地域背景で、相当苦しまれたことと感じます。おばあちゃんの、役目は、貧乏を子供たち(あなたのお母さん)にさせて、お母さんの過去世における、過ちをプラマイゼロとし、浄化させてくれたのでしょう。おばあちゃんを、毒祖母ととらえるか、おばあちゃんの、姿を違う角度から見てあげるかは、あなた次第です。違う角度から見てあげたら、あなたは許しのカルマをひとつ浄化させたことになるのです。(送付した絵は、このようなメッセージを持っていましたよね。)

そしたら、あなたにそのチャンスをくれた素晴らしい、感謝すべきおばあちゃん。と言うことになりますね。

これらのことに気づいたら、良い子のmoon724さんでなくて、素のあなたの心の奥深いところが、喜びを感じることでしょう。

PS.

ツインレイ(ツインソウルと表現している場合もありますね。)では、ランナーへのアプローチは、チェイサーからしたら、再会は遅くなるとありますね。でも、カルマがある程度、浄化されてたら私はしても良いような気がします。

上記のように書いてある年代より、地球はライトワーカーが使命を果たすことや、ツインレイたちの目覚めを急いでると感じます。

もちろん、選択はあなた次第です。

私がこのブログを書くように命じられた時、奇跡のタイミングが次々と起こり、結局、振り返れば魂の片割れに、決死の告白をしていました。あんな勇気は生まれて初めてでました。自分でも不思議です。

まるで、あなたのお父さんや、お母さんや、おばあちゃんや、【あなたが】愛情を表現できなかった分、私が4人分の勇気を出したと言っても過言でないくらい、私にとっては、勇気が必要でした。宇宙に助けられました。

 

あのような、奇跡のタイミングがなければ、私は急き立てられることもなく、ただひたすら奇跡の再会を待って、死んでいったと思います。

なので、私は後悔はしていませんし、私たちの再会に疑う余地もありません。

ただ、告白されるなら、魂の片割れだと1㍉足りとも疑わないあなたであれば。と言うことですけどね。

moon724さんへ

宇宙からの伝言です。

あなたは、真っ暗な夜空に向かって今、思い切り弦をひいています。その手を放し弓を放つ時、夜空は弓から放たれる光によって照らされることでしょう。それは、大きな闇を知る者にしか、果たし得ない光(ライト)の役目(ワーク)なのです。

そして、暗闇には、はじめから月の如く、プラチナ色に輝く魂があったのでした。