読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れにエール

またも、宇宙から降りてきた。なぜ、皆んなが心の蓋を開けようとしないのか!

そうなのだ。開けたがらないのは、男性だからなのだ。カッコ悪いし、プライドに傷がつくし、沽券にかかわるわけだ。

女性はとっとと、自分の都合が良い方へ渡り歩くから良いのだ。まぁ、とんでもない方向に行かれることも、少なからずあるのですが…。

私はある時、娘から、ママは男の友達しかいないねぇ。と言われたことがある。

✳︎今では、ママと言う可愛らしい呼び方をしてくれるのは、長女だけです。他の子たちは、名前を呼び捨てです。まっ、気に入っているんですけどね。

そうなんです。なぜか、私は男性と気が合う。遊び仲間は98%男性だし、職場で気の合う人も男性だったりします。

もちろん、私は浮気症ではないので、気があるとかではありません。

魂の片割れが、女性性の強い人なので、ピッタリなのでしょう。男とか、女とかは、身体を持った地球でのことだけなので、もちろん魂は、身体という洋服は着ていません。

ちなみに、以前の記事でも書きましたが、私は男性の中でも大きめの手をしています。彼は女性の中でも小さいほどの手をしています。

でも、爪の形はソックリです。私もそうでしたが、彼もコンプレックスだったと思います。

本当に鏡のようにソックリで、鏡のように真逆な2人です。

で、今日は予定してたことが、雨のためキャンセルになったので、閃いたことの記事を書くよう指令がきました。むしろ、だから雨なのかぁ?

書きながらも、ここまでは分かったけど何を書けばいいんだぁ?って感じです。では、自動書記にお任せしますです。

死亡事故を起こした方の、ヘビーな話しをします。彼は、ツインレイの妻との間に子どもが居ますが、事故のせいで別居中です。彼の人生再生のためには、彼は新しい仕事と、事故のお詫びや反省などを含めた後始末や、新しい生活が必要です。そのことを、私は彼にガツンガツンと言ってきました。そしたら、彼は私を避けました。私は彼に避けられても痛くも痒くもありません。ただ、問題から避ける彼は、本当にチキンでカッコ悪いなぁ。ってだけのことです。でも、彼はある日、私のところにやって来ました。自分は妻と話し合い、事故の保障の解決をし、新しい仕事も決めて、友達などに頼ることなく自立し、きちんと生活を立て直すと。

あ〜〜その言葉が聴きたかったぁ◎

腹の座った彼は、もう事故のことを恥じる必要はありません。亡くなられた方への保証や、反省をしたり、今後の人生でも罪の意識を背負ったりしているわけで、後ろめたく生きる必要は無いのです。これらのことをしたら、プラマイゼロなのです。そしたら、あとは、家族仲良く楽しく生きたら良いのです。それが、妻子のためです。亡くなった方のためです。亡くなった高齢者の方は、夜な夜な暗闇を歩かれていたとのことです。そして、彼も誰でも出す程度のスピードだったとのことです。もちろん、被害者のご家族を思うとお気の毒ではありますが、加害者のご家族を思ってもお気の毒です。この亡くなられた方は、とても気の強い方で、偶然にも自分の孫の幼馴染が加害者で、恨むに恨みきれないと感じます。亡くなられた方は、過去世でとても大きなカルマを持たれていたけど、この加害者を許すことで浄化されるのだと感じます。

あゝ、記事の内容が、男性への応援でもなんでも無くなりましたね。でも、自動書記なのでゴメンなさいねぇ。

とにかく、私は魂の片割れが、私のためにカッコ悪いことに立ち向かおうとしたり、プライドを気にしないで、みっともないことしたりしてくれているのが、めちゃめちゃカッコいい!と思っています。

そして、腹が座った男性は、背が低いとか、お腹周りが大きくなったとか、イケメンじゃないとか、誰かさんより仕事ができないとか、私より苦手なスポーツがあるとか、収入が低いとか、お洒落じゃないとか、仕事に不満があるとか、私よりスキルが低いとか、そんなの全部どうでもいいんです。

ホント、そんなのどうでもいい!

私のために、腹を座らせてくれたあなたが、誰よりもカッコいいんです。

結局は問題がまだ解決してなくてもいいんです。解決するのを待ってたら、今世なんてあっという間に終わってしまうんよぉ。もっと自信が無くなってくるだけだからね。

宇宙一好きな人のために腹さえ座れば、全部クリアになってなくても、2人でやってこ!

2人ならクリアできるからね!

だって、ウチらニコイチなんだからねぇ!

1+1=∞だって!何度も言ったよね!

ガンバレ男子!

女性にとって強い男性ってのは、私のためにカッコ悪くっても、一緒にガンバロウって言ってくれた人。

そしたら、何だって乗り越えられる◎