読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れとの神の設計図の確信強化

今日は大好きなスポーツをする日でしたが、うたた寝を優先して、お休みしました。

そして、仕事着のままだし、目覚めたのが00:08ってなんか、自己嫌悪になりました。

理想は、食べ過ぎた夕食を消費するように、爽やかにスポーツをして、00:00くらいには、疲れた身体を労わり就寝して、爽やかな目覚めをすることでした。

しかし、今の私には、この生活パターンが合っているし、スポーツも正直、面倒くさいなぁと感じていましたので、ありのままの自分を許してあげました。

自己嫌悪って、自分の理想にならなかった時に感じますよね。

その理想の自分って、実は過去の記憶や、情報から自分が作りあげているだけなので、本当に理想なのかは分からないですよね。

私の場合も、実は今のパターンが一番、疲れが取れ、人のざわめきが減った時間の方が、魂の片割れを癒すには、丁度いいのです。

これは、私の心の中が具現化された、魂の片割れについても言えることです。

例えば、この1年間で、彼はストーカーの彼女との別れを自分からは切り出せず、彼女の落ち着くタイミングを待ちました。

そのタイミングは、絶対に来るはずでしたが、1年間で来なかったことで、彼女と別れることを、彼は諦めかけていたのです。

そして、それは、私の心が具現化しているので、私が彼を諦めかけたのが同時に起こったのでした。

しかし、そのことで、彼が私を諦めて結婚を考えてしまったと言う、彼の危機を、私の心の奥深いところがキャッチし、第1章であったような一連の偶然で、私は食い止めたのでした。

✳︎心の奥深いところは、高次の自分とか、ハイヤーセルフとか、宇宙から降りるとか、神からの声と表現されています。

だから、私が理想と、現実の自分とのギャップで自己嫌悪になるのは、実は、自分自身でもある、魂の片割れの、理想と現実のギャップとして、具現化させていたのです。

だから、うたた寝して、生活リズムが狂っても、こうして魂の片割れと繋がるための記事が書けるし、エナジーチャージできるし、アパートの上の階の生活音も、この時間帯なら気にならないし、まぁ今の私の身体のリズムに、丁度いいのだと、ありのまま認めることにしました。

そして、彼に対しても、ストーカーの彼女に自分から別れを言えない弱い彼も、ありのままの彼だと認めて、愛してあげることができました。

この記事を書いたことで、私が作り上げた理想の私たちを手放せました。

つまり、理想の自分。と言うカルマを浄化できたのです。

そして、神に彼との再会のタイミングをお任せする。と言う、神の設計図の確信を強化したのです。