読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れの前に私の蓋を開けた

カルマをウジ虫に例えましたが、ウジ虫は畑で肥料として使われたら、腐葉土になってくれます。まさしく、プラスマイナスゼロ(闇で見るか、光で見るか)ですね。

魂の片割れのウジ虫を、腐葉土にしてあげようと思ったのですが、まずは私の蓋を開けてみます。蓋を開けきったと思っていましたが、甘かったです。それは、嫌いな人が目の前に居るから、まだ蓋開いてないじゃん…。と、気がついたのです。

それは、以前の記事にも書きましたが、来客にも、私たちにも炎上する40代の受付嬢です。お客さまは、あんたは、わし(僕)に死ねと言っているのか!と怒りをあらわにされるくらいです。でも、上司や、自分が気に入られたい方には、本当に気持ちの悪い甘えた声で、すり寄って行くのを見ると、酷い人だから、大嫌いとしか思えませんでした。

もう1人の嫌いな人とは、離れたので会うことはありませんが、こちらも、男性にいつも甘える40代の女性です。困ったら泣いて、〇〇さんが怖いんですぅ。と、か弱い女性を演じます。〇〇さんは、きちんと仕事を教えてくれてただけじゃないかぁーー。と、私は腹がたちました。私の前では、めっちゃ強かったのに、急変する態度が大嫌いだったのです。

でも、これも、私のカルマが具現化されたのです。本当は納得したくないのですが、それは、宇宙の揺るぎない真実ですから、認めるしかありません。

少なくとも、今はそんなことをしない私でも、過去や、過去世でやってきたから、目の前に現れたのです。

こんな、おぞましい人たちが私の中にも居たのだと、本当にさらに、彼女たちが大嫌いになりました。

でもですよ‼︎‼︎

この記事を書きながら、過去世の記憶が蘇りましたが、私は、男性に思いっきり媚を売り、女の弱さで、男性に愛される女性だったことがあるのです。

でもですよ‼︎‼︎

もっと恐ろしいことに、実は現世の私にも、この心が残っていたのです。

そうです。確かに、私は魂の片割れと再会したら、まずは甘えたいのです。そして、それをしたら、彼が喜ぶのも分かっていたのです。

でも、これは間違っていました。依存の方の甘えだったのです。

たとえ同じようにハグをしても、愛おしさの甘えと、あなたが居ないとダメなのよ。と言う甘えでは、似て非なるもの。と前回の記事に書いたことは、私自身のカルマだったのです。

ただですね、私はこのことに気づいた時点で、半分はカルマを浄化できたのです。それからですね、記事を書いたことで、半分の半分のカルマも浄化できたのです。それでですね、カウンセラーで、神からの使命を受けているとか言ってるくせに、醜い自分をさらけ出せたことで、半分の半分の半分のカルマは浄化されたのです。そして、残りのカルマは、こんな未熟な自分を、まぁ、しゃあないなぁ。と、ありのままの自分を許してあげることで、甘えのカルマは全て浄化されたのです。

カルマの浄化って以外と簡単なのです。

みっともないって思い込みを手放しして、みっともない自分を、しゃあないなぁとか言って、ハグしてあげたらいいんです。

そしたら、もうあの甘えた彼女たちは、私の目の前から居なくなります。それは、席替えだったり、いい人に変わっていたりするのです。これが、心が具現化されると言うことです。そして、次元を少〜しだけ上げると言うことなのです。

次元をいっぱい上げたかったら、カルマをいっぱい浄化してください。

そして、新生地球に行くくらいに次元を上げたかったら、魂の片割れと出逢えるくらいに、カルマを浄化してください。

元からカルマの少ない方もいらっしゃいます。元々のエナジーが綺麗な方です。

しかし、それは、若い世代のクリスタルチルドレン以降の方だと感じます。