読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れとの第2章の始まり

ひとつ前の記事に、皆さんの心の奥深いところで、重たい蓋を乗せている部分に手をかけた途端に、怒りと、切なさと、怯えが伝わってきました。

そうなんです。この蓋を開けようとすると、皆んな同じ反応なのです。

まぁ、私は蓋を開けるお手伝い役なので、実際に蓋を開けるのは、本人にしか出来ません。

ところで、私は、この記事を書く時は、ほとんど自動書記です。頭で考えることなく、インスピレーションで手が動くといった感じです。

それから、私は瞑想が出来ません。速攻で寝落ちしてしまうからです。しかも、熟睡。笑

子どもの頃から、うたた寝をよくしていましたが、子どもの頃は、地球のエナジーに馴染めず心身ともに癒していたのです。

そして、最近までは、カウンセリングや、生活でエナジーを使い、エナジーチャージをしていたのです。つまり、使った分の補充ですね。

そして、魂の片割れとの第1章が終了してから、つまり今日のうたた寝では、愛の拡散のための、プラスのエナジーが与えられていると感じました。その分を、ブログや、絵で使うことになると思われます。

 

はじめの記事でも書いていますが、このブログは、あくまでも宇宙で一番大好きな魂の片割れのために書いています。このスタンスは変わりません。

そして、第1章(昨日までの記事を、はじめから読んでみてくださいね。)が終わって気がつけば、どうやら第1章では、私のスピリチュアルな目覚めであり、第2章は、魂の片割れを癒し、覚醒させるのでした。

魂の片割れを覚醒させることは、皆さんのお役に立つようで、こうしてブログを書くのです。

そして、どうやら、3月25日の画像のように、それぞれの魂の役割を果たすのが第1章でしたが、第2章では、下図のようにそれぞれの役目を相手のために果たすようです。。

具体的には、彼は現実において、仕事の幅を広げ自信をつけること、彼女との決別を決意すること、19歳も年が離れた私を受け入れる覚悟など、地球上での体裁を整えることなのです。

それに対して、私ができること、すべきことは、彼の魂の癒しと、覚醒をさせるために、ブログを書いたり、絵を描いたりすることなのです。

ツインレイは、ひとつひとつでも完璧だけと、それぞれの役割が全く異なり、ふたつが組み合わされないと完成品にならないのです。

まさに、ニコイチであり1+1=∞なのです。

私はメルアドのアカウントを、インスピレーションで、結びの女神としましたが、自分のこと女神って…。痛くない?笑

とか思ったので、アカウントを変更しようとしたのですが、上手くいきませんでした。

どうやら神からの指令です。

はいはい。分かりましたです。

観念して、この名前でいきますです。

名前の由来は、それなりに、いやかなり深くご縁がありました。内容は以前の記事をどうぞ。

そして、絵の名前は、結びの華です。本当は花の方が好きなのですが、これも指令ですので、NOとは言えません。

そして、私は絵を描くことを、結びの華工房と名づけました。これは、結構気に入っています。

でも、結びの華工房は、私のアパートのキッチンです。1Kで41000円の割には、自慢の広めの キッチンだった意味がようやく分かりました。

マニキュアで描くので、臭いし、頭がクラっとするし、冬場は寒いし、キッチンには、机とか置けませんので、床に座って、木のベンチを机がわりにして描きます。

工房の名前は、気に入っていますが、この工房はテンション下がります。

でも、もちろん、絵を描いている時には、インスピレーションで描いているので、環境と絵の出来は無関係です。

たた、以前の記事でお伝えしたように、突然に描きはじめた絵で、どうやら皆んなにhappyをくれるのですが、クオリティは求めないで欲しいです。笑

私が描いたことは伏せて、兄弟に質問した際、姉は気持ち悪い絵。と言っていましたし、絵の上手い弟は、素人が思いつきで描いた絵で、構成とかめちゃめちゃ。と言っていました。両者当たりです。さすが、兄弟です。笑

でも、知人のクリエイティブな方から、大絶賛をしていただいたこともあり、とても嬉しいです。

こんな感じで、第2章始まりましたぁ。