読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れの心の蓋を開ける

新年度のスタートでした。

8年ほど前に一緒だった、苦手な上司が、赴任して来られました。苦手感はありましたが、まぁ、どうにかなるだろう。と楽天的に思っていたところ、以前とは全く別人で、とっつきやすくなられていました。

これは、この上司が変わったのではなく、私が変わったと言うことです。

 

この現象がもっと増えて、ラッキーなことがたくさん起こって、私も周囲も、幸せだなぁ。ありがたいなぁ。といっつも感じていられることを、アセンションした地球とか、次元上昇とか、新生地球へシフトした。と言うのです。

 

よく、明るい人や、ポジティブ思考の人や、楽しいことを一杯している人や、物質的に揃っている人や、元気な人などを、高次元の人だと、本人も、周囲も思いがちなのですが、それは勘違いなのです。

(もちろん、これらを自然にやっている人もいますけど、ほとんどの方が、本人は全く気づいていないけど、不自然なのです…。)

波動を感じられる人は、簡単に見分けます。

本人は気がついてないので、なにか可哀想になり痛々しいくらいです。

本当に次元上昇した人は、うまくいっていないことも、楽々と乗り超えているのです。はたから見たら、まるで、happyなできごとに遭遇してるみたいなのです。

それは、どんなことにも、陰陽で陰(闇)も陽(光)も同じ分量だけあるのを知ってるから、悪いことが起こっていると感じないのです。

昨日の記事の、私の車が溝に落ちた時のリアクションみたいな感じですね。残念ではあるけど、心からありがたいみたいな感じですね。

ポジティブ思考は陽に偏っているので、陰を知った上で陽に気づいたわけじゃない点が、似て非なるものなのです。

では、真に明るくなる=魂が輝いている=波動が軽くなるにはどうしたらいいのか?と言えば、カルマを浄化することなんです。

つまり、自分の心の奥深いところに正直になることです。

これがよく言われる、ありのままに生きると言うことです。

上記以外で、優しい人、人を癒してあげる人、思いやりのある人、いい人なども、同じことが言えます。

もちろん、これらがありのままでできていたらいいのですが、自分では自然にやってるつもりが、波動を感じられる人が見たら、無理していると感じる場合は、やはりありのままではないのです。

だから、相手もあなたと同じで、自分では気がついていないけど、無理して陽気になってくれているし、無理して癒された気になってくれているのです。

まずは、上記のことを理解することからスタートです。

そして、もしかしたら、自分はどうなのかな?と振り返ってみて、気づこうとするのです。

自分はありのままOK。と思った方は、もう一度、冷静に自分を受け止めてみましょう。

ありのままで、陽気な方や、人のためになりたい方なら、このサイトに興味を持たれていないはずですからね。

そして、自分には陰(闇)の部分がないのだからと否定をしたり、陰の部分を嫌ったりするのではなく、闇が無いと思いたい自分や、闇を嫌ってる、ありのままの自分に気づくのです。

昨日の記事の、私が元夫とうまくいっていなかった時に、寂しいからこそ、誰よりもガンガンに子どもたちと遊んできたのは、まさに闇を無理して光に変えていたのです。

でも、私の場合はそんな情けない自分さえ受け入れつつ、子どもたちを楽しませるぞ!と強気だったのです。

その強さは、今世でカルマを作らない強さであり、輪廻転生の最後とすべく、魂の片割れに会うためだったのです。

今日の記事は、心の奥深いところで、人に知られたくない、表面的な自分とのギャップのある方ほど、不愉快に感じられると思われます。

まるで、臭いものに蓋をしているように。

蓋を開ける前は、違和感や、怒りを感じますが、開けたらスッキリ心が軽くなります。

陽気な人や、いい人を手放して、無=空=ゼロ=悟りになったら、人が自分をどう見ているかなんて、気にもなりませんよ。

思い切って、蓋を開けてみませんか?

知人の元、巫女さんが入籍をしたそうです。

幸せが広がっていますね。

昨日ブログの第1章が終了したのをハッキリと感じたので、ひとまず落ち着いたぁ。もう、ブログとか書かなくても大丈夫なのかぁ?と思っていましたが、どうやら第2章のはじまりです。とは言っても、指令が来なくなったらフェードアウトしますが。笑

第2章は、愛の拡散ですね。愛とか言うのは、どうかと思うけど、happyだったり、ラッキーだったり、テンション上がったり、まっ、いいかぁ的な乗りだったり、泣き笑いして、腐ったもの笑い飛ばしたりすることだと思ってください。