読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れとの第1章終結

今日は、WANIMAのやってみよう!と言う曲を大きな声で歌いながら、軽快に?神社巡りをして来ました。

私は、休日ごとに、神社巡りをする趣味はありませんが、今日は行かねば。っと感じでかけました。

本当は新しいメガネを買うという、細やかな楽しみがありましたが、予定変更で、帰宅は今になりました。

ところで、この曲は、まさしく私が11年間、専業主婦としてやってきた子育てです。

綺麗な形の離婚といえども、離婚までの数年間は、元夫と離れていた期間も長くありましたし、若いママが、たった1人で3人の年の近い子どもたちを育てるのは、大変でもありましたし、なにより孤独は本当に切なかったです。

でも、そんな時にはですね、逆に、むしろ、誰よりも陽気にやってやろう!っと腐った気持ちを、忘れるくらいに楽しんで、前むきにつき進んできました。この頃に、切なくなければカウンセラーも目指すことはありませんでした。

やはり、神の設計図は素晴らしい。

私に闇を与え、光に気づかせたわけですから。

この曲は、まさにその時の私なんです♪

で、今日は一つ前の記事に書いたような展開があったのですが、なぜ、神が私に、今日の神社巡りを設計されたのかと言うことにも、もちろん気づけましたよ。

それはですね、私に八百万の神々のごとく、地球上にいるツインレイたちを、私の産土神社に招き入れ、次に、忌を取られる神社へ案内し、次に、ツインレイたちに須佐神社にて、パワーを与え、次に、縁結びの神であり、八百万の神々の最終地点でもある、出雲大社へと繋ぐ光の道の案内人をするのが、今回の設計図だったのです。

私とご縁のある、ツインレイの方たちは、このことが新生地球のゲートを開けるのに、必要な儀式だったのだと腑に落ちました。

そこから、自力で動き出されるのか、私がお役に立つのか、信頼できるヒーラーさんとご縁を持たれるのかは不明ですが、私は神から設計図を知らされたら動くだけですから、明日のことは予定が未定です。

ひとまず、私のすべき第1章が終わったと言う、安堵感があります。

運転が嫌いな私は、うたた寝をしないで、今の時間まで耐えたのは、凄いことです。

明日は仕事かぁ…。と萎えながら、とりあえず、豆乳のチーズ入り(お家チーズ、解禁しました。)クラムチャウダーをたっぷり食べて、うたた寝をします。

今日は、深夜に観戦したい試合があるから、起きれるといいなぁzzz