読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと本当の意味で新生地球でひとつになる

カルマの浄化による魂の甦りと、魂の片割れとの真の出逢いをマザーアースにて果たします。

魂の片割れへのメッセージ

昨日の朝、隣席の彼女が私に、彼に電話をかけるように勧めてくれなかったら、私は絶対に電話をかけることも、2度と話すこともなく、彼が結婚した噂を聞いて終わっていたと思います。

彼女が、ツインレイのダンナさんと出逢ったのも、全く別の遠く離れた地域から集まった研修先でした。

その研修で、彼女たちも、一瞬にして魂が出逢ったのです。

その彼女には長くつき合ってきた結婚を考えるような彼氏が居ました。その彼はしっかりと震災の時も守ってくれました。それなのに、そんな彼や、震災の土地や、地元の友達を見捨てるように、地元を離れることはできません。心の奥深いところでは、逃げ出したいけど、頭で考えるタイプの彼女にしたら、申し訳なさと、リスクのある人に突然飛び込む異常な自分を許せませんでした。

一方の彼は、勇気もなく、自信もなく、彼女より年下なので、彼氏のいる彼女を説得する勇気なんてありません。ましてや、知らないところに電車で行くなんて考えられないほどのビビリです。そんな彼だから、会って間もない彼女のために、東北に行くなんてあり得ません。

(この時は、彼女とはわずか数日、研修終わりに皆んなで食事に行った程度の関係でした。)

でも、その時に偶然に研修先に居た知り合いに彼女とのことを話したら、そんなに気になるなら今から東北に行ってみたら、と言われ、研修が終わったその足で、東北に帰った彼女にわずか30分だけ逢いに行きました。

とても激しいビビリの彼からしたら、東北にひとりで突然行くなんて!しかも、お金がなくてその知人に借りてまで。とても不安なはずですが、そんなことを感じないで、向かったのです。

そしたら、頭で考えて、とても真面目で、一寸の間違えも許せない彼女が、色んなものを手放して、遠い彼の元にわずかな期間で嫁ぐことになったのです。

とても激しいビビリの私が、魂の片割れに電話ができたのは彼女のお陰です。

そして、彼は間違った人との結婚を考え直してくれます。

彼女が申し訳なさで離れられなかった彼氏と別れたように、私の魂の片割れも申し訳なさで離れられない彼女と別れます。

彼女も、私の魂の片割れも、相手に申し訳ないと言うのは、もちろん間違った考えです。申し訳ないと、思い込まされてしまっているのです。

今でも彼女は、申し訳ないと感じて、結婚してもダンナさんとなった彼と身体で繋がっていません。

彼女が、私の隣席に居るのは今月末までです。その後は、話す機会もないと思います。

私に残された使命は、彼女から、間違った元彼や、故郷への申し訳なさを取ってあげて、夫と身体を繋げてあげることです。

そして、私の魂の片割れが、間違った彼女や、世間体を崩す申し訳なさを取って、私と地球で再会できるように私自身がさらに輝くことです。

私のように、真のツインレイと出逢った方を救うことを、再開前の方が書かれているサイトを見かけます。

私の場合はブログを書きましたが、色んな形で、真の自分である、光輝く魂に戻って行っているのを実感して、新たなツインレイを目覚めさせてあげるのでしょう。まるで、バトンを渡すリレーのようですね。

私もバトンをもらいました。慌てて違うバトンをもらいそうになることもありました。しかし、今はしっかりとバトンを受け取りゴールに近づき、次の方たちの手にしっかりとバトンを持たせてあげれると感じています。

これが、本当の意味で私が自分自身を信頼したと言うことなのですね。

宇宙を100%信じるには、彼を信じなくてはなりません。彼を信じるには、彼が自分の魂の片割れだと信じなくてはなりません。

そして、自分の魂の片割れを信じるには、あと半分の魂、つまり、私を信じなくてはなりません。

彼を信じようと色んなサイトを見て実践しようとして、頭で理解して解った振りをしたり、いい人風に振舞ったり、気にしないようにしたり、次元の低そうな人とは関わらなかったり、色んなことを試しました。その時は、それが本当に正しいと思っていました。

しかし、そんな小手先のことでは宇宙を誤魔化せないと言うことを、私自身が、私が魂の片割れのために書いているブログで感じています。

今日もありがとうございます。