読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れのありのままを愛する

クリスマスの前に、私は彼女と別れると決意したのに別れない彼にしびれを切らして、彼女を選択するならもうメールはしなくていいと、ある日突然に私からメールをしました。

彼なりに別れのチャンスを狙ってると言っていたのに、一向に進めない彼の弱さと、彼女と過ごしていることに、もう耐えられなかったのです。

彼にとったら、私が彼を待てないのは、彼を信じていないことだと、とても腹を立てたと思いますし、詰め寄られた気持ちになったと思います。そのメールを読んだであろう瞬間に彼の心の奥深いところの声は伝わってこなくなりました。

でも、今回の電話で結婚の方向で考えていると言われた時は、私は彼を責めませんでした。

もちろん、客観的にも責める立場ではないのですが、彼が結婚を選んだらとても傷つくけど、その時、私が彼の結婚にケチをつけたらいけないと感じたからです。

彼には、結婚も私も選択肢があります。

私は、彼にきちんと彼女と別れて、私と再会して欲しいと思っていますが、でも今の彼の状況を責めることなく、ありのままの今の彼を愛しているのです。

これは、最後の難関でした。

隣席の彼女のダンナさんも、彼女に逢いに行った時、私と同じことを言ったみたいです。別に彼氏と別れるように言ったりはしていません。

彼女のダンナさんも、私も、ただありのままに愛してる=ゼロ=無=空だったのです。

f:id:musubinomegami:20170318180215j:image 中央の植物さんのど真ん中の芽は、他のと同じ大きさだったのに、今朝、突然にこんなにも大きくなっていました。

魂の片割れへのプレゼント

隣席の彼女のダンナさんは、彼女におかしなキャラを描いてあげました。名前もへんてこりんです。頭脳派の彼女には訳のわからない、気持ちの悪いキャラでした。

でも、私はそれが、テヘって笑って受け流して、らんらん気分になれるキャラだと知っています。

悩みを抱えてることにさえ気づいていない、彼女への最高のプレゼントなんです。

私は去年の8月に、海で念願の素潜りが1.5メートルほどですが、できるようになりました。

毎年、大好きな海で挑戦しても入水の瞬間が恐怖で、どうしても潜ることができませんでした。

恐怖は、きっと入水自殺の過去世から来ていました。でも、今は素潜りができたので、カルマがひとつ浄化できたのです。

彼も私もダイバーで、彼からは地元の海は私の地元の海より綺麗だと、気をひくようなことを教えてもらっていたので、2人で海水浴に行けるのが、とても楽しみだったのです。

泳ぎが上手で、海が大好きな彼と楽しめるように、私からのプレゼントなんです。

どっちもバっカみたいで、カッコ悪いプレゼントなんです。

でも、宇宙で一番大好きな人が笑顔になれるように、世界に一つしかない心を込めたプレゼントなんです。

魂の片割れへのメッセージ

昨日の朝、隣席の彼女が私に、彼に電話をかけるように勧めてくれなかったら、私は絶対に電話をかけることも、2度と話すこともなく、彼が結婚した噂を聞いて終わっていたと思います。

彼女が、ツインレイのダンナさんと出逢ったのも、全く別の遠く離れた地域から集まった研修先でした。

その研修で、彼女たちも、一瞬にして魂が出逢ったのです。

その彼女には長くつき合ってきた結婚を考えるような彼氏が居ました。その彼はしっかりと震災の時も守ってくれました。それなのに、そんな彼や、震災の土地や、地元の友達を見捨てるように、地元を離れることはできません。心の奥深いところでは、逃げ出したいけど、頭で考えるタイプの彼女にしたら、申し訳なさと、リスクのある人に突然飛び込む異常な自分を許せませんでした。

一方の彼は、勇気もなく、自信もなく、彼女より年下なので、彼氏のいる彼女を説得する勇気なんてありません。ましてや、知らないところに電車で行くなんて考えられないほどのビビリです。そんな彼だから、会って間もない彼女のために、東北に行くなんてあり得ません。

(この時は、彼女とはわずか数日、研修終わりに皆んなで食事に行った程度の関係でした。)

でも、その時に偶然に研修先に居た知り合いに彼女とのことを話したら、そんなに気になるなら今から東北に行ってみたら、と言われ、研修が終わったその足で、東北に帰った彼女にわずか30分だけ逢いに行きました。

とても激しいビビリの彼からしたら、東北にひとりで突然行くなんて!しかも、お金がなくてその知人に借りてまで。とても不安なはずですが、そんなことを感じないで、向かったのです。

そしたら、頭で考えて、とても真面目で、一寸の間違えも許せない彼女が、色んなものを手放して、遠い彼の元にわずかな期間で嫁ぐことになったのです。

とても激しいビビリの私が、魂の片割れに電話ができたのは彼女のお陰です。

そして、彼は間違った人との結婚を考え直してくれます。

彼女が申し訳なさで離れられなかった彼氏と別れたように、私の魂の片割れも申し訳なさで離れられない彼女と別れます。

彼女も、私の魂の片割れも、相手に申し訳ないと言うのは、もちろん間違った考えです。申し訳ないと、思い込まされてしまっているのです。

今でも彼女は、申し訳ないと感じて、結婚してもダンナさんとなった彼と身体で繋がっていません。

彼女が、私の隣席に居るのは今月末までです。その後は、話す機会もないと思います。

私に残された使命は、彼女から、間違った元彼や、故郷への申し訳なさを取ってあげて、夫と身体を繋げてあげることです。

そして、私の魂の片割れが、間違った彼女や、世間体を崩す申し訳なさを取って、私と地球で再会できるように私自身がさらに輝くことです。

私のように、真のツインレイと出逢った方を救うことを、再開前の方が書かれているサイトを見かけます。

私の場合はブログを書きましたが、色んな形で、真の自分である、光輝く魂に戻って行っているのを実感して、新たなツインレイを目覚めさせてあげるのでしょう。まるで、バトンを渡すリレーのようですね。

私もバトンをもらいました。慌てて違うバトンをもらいそうになることもありました。しかし、今はしっかりとバトンを受け取りゴールに近づき、次の方たちの手にしっかりとバトンを持たせてあげれると感じています。

これが、本当の意味で私が自分自身を信頼したと言うことなのですね。

宇宙を100%信じるには、彼を信じなくてはなりません。彼を信じるには、彼が自分の魂の片割れだと信じなくてはなりません。

そして、自分の魂の片割れを信じるには、あと半分の魂、つまり、私を信じなくてはなりません。

彼を信じようと色んなサイトを見て実践しようとして、頭で理解して解った振りをしたり、いい人風に振舞ったり、気にしないようにしたり、次元の低そうな人とは関わらなかったり、色んなことを試しました。その時は、それが本当に正しいと思っていました。

しかし、そんな小手先のことでは宇宙を誤魔化せないと言うことを、私自身が、私が魂の片割れのために書いているブログで感じています。

今日もありがとうございます。

魂の片割れの過去世の癒し

彼と出逢い、離れ離れになり、こちらからですが連絡を再開するまでに、相当の年月がかかりました。その年月はカルマの浄化期間だったのです。

私の元知人だったヒーラーに導いてくれた彼女は、私と親しいようで実は私のスピリチュアル能力が羨ましいし、信じてなくて私のことも嫌いです。

スピリチュアルを信じていない彼女が私の目の前にいると言うことは、私が彼女を具現化させている(地球は自分が考えていることが目の前で起こっているにすぎないという意味です。)と言うことは、私自身が私のスピリチュアルな能力を信じていないと言うことです。

でも、ツインレイの再会には、女性の目覚めが必要なのです。

私は自分の過去世で今の魂の片割れと出逢っておきながら、他の人と結婚しなければいけない状況から逃げ出さず、舟に乗せられました。そして、その時、舟から身を投げました。彼は私が他の男の所に行ってしまった怒りと、ずいぶん後に私の死を知り、助けられなかった怒りと、私への怒りがカルマとして残りました。だから、もう大切な人が自分から離れる苦しみを味わいたくないのです。だから、異常な執着で離さない今の彼女だと、自分から離れないからいいのです。自分の命よりも大切な私と、また離れる恐怖と、死なせてしまう恐怖があるからです。

だから、今世では私が何をしても自分から離れないか確かめているのです。彼女と別れないでも自分を待てるか?彼女と結婚を考えていると言っても待てるか?一年間、連絡をしなくても待てるか?何があっても死を選ばないか?

私は今世はクリアします。本当にいっそ死んだら楽だと、何度も思いました。その時に、5度目の受験で自分を支えるしか無かったのです。そうしなければ、私はあまりの苦しさに、命が途絶えていたと思います。決して自殺ではありません。

そのくらいツインレイが、多くのカルマを浄化することは大変なことです。

私は早くに子どもを産みました。そんな私に友人が、子育てに疲れヘルプを求めてきました。私は思いっきり励ましました。そしたら、クリスマスカードに、元気になったとお礼が書かれていました。カウンセラーとなった今では、当時の私の対応は死を招くことを予測でき、決して思いっきり励ましたりはしません。

そして、彼女は2人の幼い子を道連れに自殺をしました。その彼女は、知人のヒーラーに顔も声も、話し方もソックリです。私にエナジーを与え、魂の片割れと出逢うスピリチュアルの目覚めに誘導してくれたのです。

私がカウンセラーになったのも、彼女を救えたのに救えなかった思いがあったと思います。

そして、魂の片割れに去年の誕生日にプレゼントした、魂の伴侶に書いてあった重要なページは、愛が一番大切であると言うようなメッセージと、本の著者のDr.が患者を自殺から救えなかったことを、自分のせいにしないで、患者が選んだ道と言うようなメッセージのページに、折り目を付けて渡しました。

愛はもちろん、私からの愛していますのサインですし、愛こそが全てだと気づいて欲しかったのです。

自殺の方は、私たち相談を仕事とする者は、クライアントの自殺に対して、自分を守ることも大切だからです、もちろん、技術を磨いて絶対に自殺などさせてはならないのです。

そして、それは彼の過去世へのメッセージでもありました。私の自殺は、あなたのせいではないと。実際に死を選んだ私は、彼の近くに行けたようで、死で執着する相手から解放されたことを喜んだのです。

(何があっても、絶対に自殺をしてはいけませんし、勧めてもいません。)

私は、彼と私のこの過去世さえ、癒すことが必要なのです。

私のスピリチュアル能力を使わなければなりません。それは、ツインレイが再会するために必要な女性の目覚めでもあるのです。

私は怯えず、私たちのためにスピリチュアル能力を使います。悲しんでる暇はありません。

魂の片割れのカルマを浄化

今日はいよいよ求人の〆切日でした。残念ながら、彼からのメールはありませんでした。やはり、ドラマのようにはいきません。

いかに、ドラマに感化されているか、真のツインレイなら、揺るがされないためにもドラマは選ぶべきですね。

でも、隣席のツインレイ夫婦の彼女が、こっちから電話をかけたらいいじゃないですか!っと後押ししてくれたので、私はダッシュして、朝一で電話をしました。

この一年間、話しさえもしてないし、わずかなメールさえ途切れて3か月が経っていたのですが、私から臆病がなくなり電話をすることができました。

それなのに、またも、ドラマのようにはいかなくて、彼は結婚を考えている。と言うことと、転勤はなかったと言いました。

そして、私が彼に伝えたことは、この1年間、私は彼の地元に行くために皆んなとお別れの準備をしてきたことと、私には彼しかいないと言うことと、こんなに勇気を出したのは初めてだと言うことを伝えました。

何度か、もう私のことはないのか?ゼロなのか?と聞いたら、まあそうですねぇ。と、冷静に言われてしまいました。

いつもの私なら電話をかける勇気なんて全くないし、こう言う場面でも、分かりました。と応えますが、それでももう一度、私のことを思い出して欲しいことと、電話を待っていることを伝えたら、分かりました。と、冷静に言ってくれたので、聴いてくれてありがとう。と、電話を待っていることを伝えた気がします。

それから、朝一でこんなことがあり、職場でもう一人、私の事情を知っている人に、このことを聴いてもらおうと思い、12時ぴったりに会えたら一緒にランチをして欲しいと、外出中の彼女にラインをしました。ラインを彼女は見ていませんでしたし、私も昼が遅くなり、会えないと諦めていたら、帰ってきた彼女と玄関でバッタリ会えました。

彼女は私にヒーラーを紹介してくれて、そのヒーラーが20年以上も前の私の知人だったこと、そしてそのヒーラーは、私が魂の片割れと出逢うことを予測してくれたヒーラーの一人です。

また、あるプライドが高く、お金にこだわって、ハッキリものを言うタイプの方が、あることとの出会いがあり、今までは不幸の出会いだったのに、今回の出会いは自分の相性と100%ぴったりだったと!この出会いは、私のお陰だと言ってくれました。100%ぴったりな相性とは、ツインレイと同じ意味です。また、別の会話で私のことを天使だと。天使の輪が見えると言ってくれました。

これらシンクロは、宇宙からのサインです。

天使たちが応援してくれているのです。

そして、10年以上も強迫性障がいで通院してる方で、まだ数回しか会っていないのですが、私とのやりとりで、かなり症状が改善され、恐怖が手放されていました。

私の魂の片割れも、障がいこそないのですが、臆病で現状を変える勇気がないので、彼女と別れられないのです。だから、強迫性障がいみたいな感じです。実際に私も、子供の頃にこの症状がありました。

このことは、私の魂の片割れからも、多くの恐怖が手放されたサインです。

(ちなみに、彼女は居ますが、別れを選択し私を選びたいとアプローチして来たのは彼の方でしたし、彼女の異常さは100%の人が本当にあり得ないほど恐怖で、男性でも悲鳴をあげるほどで、直ぐに別れた方がいいと言います。だから、私の思い込みとかではありません。)

その他に、酷いセクハラで自分の身体が汚れていると思っている方や、お金や、地位や、見栄にこだわってる方たちです。この方たちは全部、私自身でもある、魂の片割れの持っているカルマが具現化したのです。

私がスピリチュアルの力で、私自身でもある彼のカルマを浄化するチャンスが巡って来たのです。

もちろん、私は心の奥深くの声を伝えることで、その方たちが見せてくれた彼のカルマを浄化しました。

久しぶりに話した彼を、ずいぶん男らしくなったと感じました。私もこの一年でずいぶん女らしくなったと感じます。本来の性に戻ることも統合への課題なのです。

宇宙にゆだねると言うのは(ドラマのようにはいかないけど)完璧だと。私のブログの一番初めの記事に紹介している、ツインレイのサイトにも書いてありました。

彼を大好きだと言う感情の盛り上がりや、テレパシーは無いものの(むしろ無=ゼロ地点=空)自分の片割れとひとつに戻りたい。と言う私の魂の哀しみをとても辛く感じています。

どうか、私たち以外のツインレイの皆さんも、早く再会ができますように。

 

 

魂の片割れと同じ問題の根本を手放す

いよいよ試験の合格発表でした。ドラマのように見事合格!なんてことはなかったです。でも、筆記試験は合格でしたから、あと2年は筆記は免除されます。

再試験のうんざり感と、筆記の合格にホッとしてる心をそのまま感じています。

そして、いよいよ求人募集の〆切は明日です。が、こちらもドラマみたいにはいかず、彼からの連絡は来ません。

でも、隣県に住む娘が、リクルート鞄を貸せてくれるために来てくれました。ちょうどお昼休みだったので娘と会えました。

私は、一年をかけ、魂の片割れとのことを子どもたちや、親友や、親しい人たちに伝えてきましたから、皆んな応援してくれています。そして、娘は、連絡したかったらすればいい!🎶っと軽やかに言い放ち帰って行きました。

私も人には絶対そう言ってあげるのに、自分のことだとこんなにも臆病になっていました。

魂の片割れの恐ろしいほどの問題も、根本の原因は臆病です。やっぱり魂の片割れ同士は、問題の内容は違っても、根本は同じです。

そこで私は、一部合格のお知らせと、彼の異動についてのメールをしました。

そして、もし明日、彼からの返信が私が予想している地域への異動なら、思い切って彼に電話をして、求人に応募することを伝えます。そしたら、早退して、3時間ほどのところに書類を届けてきます。

それからもう一つ、大きな問題があります。それは、もし私がそちらの求人で採用になったら、専門的な私の仕事の後を誰がするかと言うことです。私の職場では今回、人員削減があり募集がかかり、多くの応募者の中から私が採用になったので、不採用になった人たちは、すでに転職先を決めています。このままでは、お世話になった職場に迷惑をかけて辞めることになるのです。

真のツインレイなら、傷つく人はいないはずです。

またも宇宙は味方してくれました。

私が信頼している人がフリーだと聴いたのです。しかも、ある採用試験で不採用だったのが不服で、就活どころではないとのことでした。私は彼女と、ほとんど話したことがないのですが、私の親しい同僚が彼女と仲良しのため、メッセージをお願いしました。私もかつては、5回も不採用になりましたし、今回、5度目の再試験も不合格だったからめげないで!っと励ましてもらうようにお願いしました。

この彼女も、実はツインかもと思えるエピソードを持った人です。また、この彼女の再婚相手は、私の元夫の部下でした。私は元夫とも良好な関係ですから、とても縁を感じました。

早速、5度目の不合格が二つの場面で役に立ってくれました。なにごとも、陰陽のニコイチで幸福なんです。

つまり、これがプラマイゼロ=ゼロ地点=無=空なのです。

そう言えば、娘が持って来てくれた鞄の中にマニキュアが入っていました。

絵を再開するためのプレゼントです。

そう言えば、今日はもう一人の娘の誕生日です。その娘が水族館に行ったと、私の大好きなイルカの画像を送ってくれました。

私の夢は野生のイルカと泳ぐこと。

魂の片割れが、私の地元の海にはじめて行った時、野生のイルカが近寄って来てくれたそうです。もちろん、こんなことはあり得ません。イルカも他の星から来てるんですよね。私たちイルカからも応援してもらってます。

そう言えば、今日、結ぶ羽と言う名前の可愛い子に一杯笑ってもらいました。

私ってば、ホント幸せ者なんです♡

皆さん本当にありがとうございます。

m(_ _)m 🌈☆彡

魂の片割れと繋がるためのゼロ地点

今日はいよいよ5度目の再試験の合否が発送されます。ネットでも発表があると思いますが、受験案内はとっくに捨てたので、不明ですがネットは見てみます。めっちゃドキドキです。

1年に1度の試験で、最初の試験は合格者がなんと4名でした。そのくらいの難関でしたから、私が学科試験に合格できたのは、努力の賜物だと言い切れます。

当時の2年間は、休日に10時間勉強し、朝は3〜4時に起きて、毎日勉強をしていました。勉強のストレスで、よく全身じん麻疹で顔まで腫れあがり、緊急でステロイドの点滴をしてもらっていました。

恋愛なんてとんでもなく、まるで僧侶のようにストイックな日々でした。

その甲斐あって学科試験は2度目で合格し、3度目と4度目の試験では、学科試験は免除されました。

3種類の試験のうち2つは合格ラインでしたし、もう一つもあと6点だけ不足、と言う状態だったので、それなりに自信がありました。

だから、3度目の不合格の時は、大勢の人が居る食堂で大きな声で泣き崩れたほどです。

この試験は、1年に1度なので、学科勉強に向かう体力と、集中力と、気力と、根気と、自分と向き合う人間力が求められます。

5度目の再試験では、学科免除の期間が切れ、もう一度、学科の勉強をしなければいけないので、私は5度目の再試験を受ける気は全く無く、4度目の試験の結果がどうであれ、最後の受験と決めていました。

そして、4度目の試験が終われば、“恋愛解禁”と決めていました。

そして、合格発表の日に、3度目の発表のようにとてもドキドキして帰宅しようとした時、彼が不合格でもご飯をご馳走してあげますよ。と誘ってくれたのでした。

私は心から嬉しかったです。だから、実際に不合格だったことがむしろ嬉しかったくらいです。でも、この約束はまだ果たされていません。今後、果たされるための約束です。

まさしく恋愛解禁日に、恋愛解禁でした。

さすが、魂の片割れ!絶妙なタイミング◎

彼は私が誰かとご飯を食べるのは、浮気だと思うくらいの人なので、この誘いは彼にとって、とても勇気のいることで、私のことが大好きだと言う証明でもあります。

また、今、彼と連絡が取れない、信じられないくらいに大きくて重たい彼が抱えている問題からしたら、私をご飯に誘うことは、決死の覚悟が必要なのです。

(何度も言いますが不倫ではありません。)

と言う経過があり、彼と離れ離れになってから、私にできることとして、5度目の再試験を受けると言う、自分への限界の挑戦でした。

でも現実は、魂の片割れと離れ離れとなった絶望感と、魂を引きち切られた私は、身体が崩壊寸分にまでなっていたので、学科の勉強どころではありませんでした。

しかし、雑巾みたいになりながらも、少しずつ勉強をしていました。

私は新生地球へのゲートキーパーとして、扉の向こうへまだ行くタイミングでない方に、どうぞ宇宙の指し示す道へ進んでください。と見送るのこともあるのだと、この記事を書きながら気づきました。

ツインレイと繋がることは、本当に最後の一滴まで、ゼロ(地点)=無=空にしないといけないのです。