読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の片割れと私を結ぶ、神様からの伝言版

マザーアースと、みなさんの魂の甦りのために、神様からの伝言を伝えています。

魂の片割れとのある日

ウチが日の当たる場所に、洗濯物を干す。面倒臭がりで、家事のキライなウチだが、晴れた日の洗濯は気持ちいいからがケッコウ好きだ。

歌を聴きながら、ノリノリで洗濯しているウチをみて、◯◯◯が嬉しそう。

ウチは雨の日は退屈だ。だから、ウチは◯◯◯の隣で一日中ゴロゴロしてる。

そんなウチを見て、◯◯◯は幸せそう。

ウチは寒さに弱い。まあるくなってコタツから動かない。でも、せっせと◯◯◯はスキーの準備をしてくれる。そしたら、ウチは急にはしゃきだす。そんなウチを見て、◯◯◯もはしゃきだす。

ウチは暑さにはわりと強い。とっとと海に出かける支度を始めてる。そしたら、◯◯◯はシュノーケルつけ始めてる。出発前だ!まだ装着は早すぎるぞ!おいコラッ◯◯◯!やっぱ、◯◯◯も海大好きなんや。

ウチは小春日和が大好きだ。大好きなスポーツをするのに丁度いい。でも、◯◯◯はヘタっぴだ。よぉ〜し、ウチの戦闘するとこ見といてなぁ。惚れ直すぜ!とか言って、◯◯◯は置いてけぼり。でも、◯◯◯も、楽しそう。

ウチは曇り空には、仲良く手を繋いで、美味しいもんでも食べに行くわ。そしたら、得意の縁石歩き見せたるわ。なんか猫みたいだなぁ。って絶対思うよなぁ。隠しとったけど、ウチ猫やからな。

ウチは大風の日は、絵を描いとくわ。描き終わった絵を観て、◯◯◯は、なんかよく分からんけどスゴイ絵だねぇ〜。ってなんかよく分からん感想くれるよね。そしたら、ウチはありがとう。って抱きつくわ。

ウチは小雨の日は、珍しく料理してるわ。面倒臭いから料理キライやけど、実はまぁまぁ料理、上手から、やればできるがん。ってめっちゃ喜んでくれるわ。そしたら、ホントーって喜んで、抱きついてチュウするけどね、でもね、その手には乗らん。だって、めっちゃ面倒臭いもん。ウチって、ホント面倒臭いこと多いなぁ…。ゴメンね。

ウチは雷でちょっとビビる。そしたら、一緒に布団の中で、抱き合っとこうな。

ウチは夕暮れ時に、少し切なくなる。何だかまた◯◯◯と離れはしないかと、少し心配になる。そしたら、もう絶対離さないから。とか古い昭和の歌手みたいなセリフ言ってな。

ウチは早起きが苦手や。朝日が眩しくて目が覚めたら、◯◯◯の指かんでるよ。隠しとったけど、ウチは猫やから、甘噛みが大好きなんよ。

ウチは◯◯◯のことが宇宙一、大好きだ。でも、知ってるよぉ。◯◯◯は、ウチのことがもっと大好きやろ。ヘッヘッへェ (๑˃̵ᴗ˂̵)v  イェイ

 

 

 

魂の片割れと住むお家

私は自分のことを、オバちゃんと呼ばれるのはイヤだ!と言うか、許さない。でも、許す場合が2つある。一つ目は、子供たちから呼ばれる場合だ。例えば、、、こんな時である。

わが家の子供たちが、小学校の頃、参観日に出かけた。そしたら、子どものサッカー仲間たちが、ベランダから私に大きな声で言った。「オバちゃん〜!参観日、午前だったよぉ!ドンマイ!」マジドンマイ…。(−_−;)

ある日、クライアントさんが連れてきた、子供ちゃんが、お姉さん、お姉さん、お姉さんの絵を描いたよぉ。と、ステキなハート模様の洋服を着たウチが描かれていた。お姉さんは、モチロン嬉しいが、それより、しっしし静かにしてぇーー。と思いながら、オバちゃん、このハートの洋服気に入ったよ。オバちゃんね。と、自分で言う時だけだ。

あともう一つ、自分でオバちゃんと言う時がある。それは、夢を語る時だ。いや、現実にしちゃるけどね。(○´艸`) イェイ

ウチの夢は、海の家のオバちゃんになることだ。その時は、なぜか他のステキなネーミングではなく、オバちゃんの響きがしっくりくる。しかし、ただのオバちゃんではダメだ。海の家のをつけないと、こっぴどく怒られてしまうから、注意が必要だ。

では、なぜ海の家をつけたら、お許しが出るのかと言えば、海の家のオバちゃんの使命を聴いたら、腑に落としてもらえるだろう。

では、海の家のオバちゃん劇場の、はじまりはじまりぃ〜

ある所に、とても綺麗な、本当にキレイな海水浴場の近くに住む、海の家のオバちゃんと、海の家のオバちゃんを愛して止まない、魂の伴侶の◯◯◯がおりました。

普段は◯◯◯は、仕事に精を出しているので、海の家のオバちゃんは、海の近くにある、海の家と呼ぶ借家で一人で過ごすことが多かったのでした。でも、ちっとも寂しくありません。それは、いつも海の家のオバちゃんの家には、誰かが遊びに来るからです。

そんなある日のこと、海の家のオバちゃん家に、パン屋の夫婦が来ました。私たちはとても深く愛し合っているのに、なぜかまだ光の子が授からないの。と、少し悲しげです。でも、モチロン何にも心配はいりません。すぐに海の家のオバちゃんは、夫婦に触れておまじないをかけました。あぶ〜らかたぶらあぶらかたぶら、光の子を宿せぇ〜。モチロン、数か月後には、妊娠が発覚したのです。パン屋の夫婦は、お礼に沢山のパンをくれました。次に来たのは、若い男の子です。◯◯ちゃん(モチロン、例え海の家をつけても、オバちゃんとは呼ばせません。名前で呼ばせます!)退屈だから、一緒にスキーをしに行こうよぉ〜。モチロンOKです。海の家のオバちゃんは、お礼に美味しいパンをあげました。次の日にやって来たのは、可愛らしい女の子です。この子は美容師さんなので、いつも海の家のオバちゃんの髪をキレイにしてくれます。そして、つまらなそうに言うのです。ねぇ、◯◯ちゃん。皆んなはね、もう魂の片割れと出逢えたんだってぇ。私にはそんな気配もないよぉ〜。と、なんだか寂しそうです。じゃあ、今度のお休みは、ウチと、◯◯◯と、ウチの友達の男の子と一緒にスキーに行こうよぉ〜。モチロン、2人はニコイチなのです。それは、一目見た時にすぐに気づけるでしょう。そのまた次の日は、近所のおばあちゃんが来ました。足も腰もどこもかしこも痛いのよ。と訴えてきます。そんなのいとも簡単にヒーリングで治せます。手当てをしてあげるだけなのですから。そしたら、おばあちゃんは、得意な料理で美味しいタケノコの味噌汁と、大好きなお野菜や、海藻でごはんを作って来てくれました。モチロン、◯◯◯の分もあります。おばあちゃん、次は往診に行って、猫のタマの痛みも取ってあげるからね。その時は、また、◯◯◯にも、美味しいご飯作ってあげてねぇ。その次の日は、大好きな◯◯◯の休日です。夏が待ち遠しいねと、海を眺めて仲良く手を繋いでお散歩です。モチロン、お昼は美味しいパンを食べました。そして、夏にはね、海の家のオバちゃんは、大好きな人たちや、◯◯◯と、いつだって海で楽しんで遊んでいるのです。なんてったって、ウチは素潜りができるんだからねッ。( ●≧艸≦) この日のたまに特訓したのさっ。いひひひひぃ。イェイ

ほぉらね。あなたも、海の家のオバちゃん家に来たくなったでしょう。そしたらね、いつでもおいでぇや。でもね、ステキな音楽や、ステキな絵や、色んな所に行った楽しいおしゃべりや、可愛い子どもたちと一緒にね。

それから、くれぐれも海の家では、オバちゃんなんて呼んではいけません。◯◯ちゃんと呼ぶんですよ。

それからね、海の家のオバちゃんは、お昼寝が大好きだから、よくうたた寝をしてるから、そぉーとそぉーと入って来るんだよ。

♪((●>ψψ<)))) ただ今うたた寝中。お静かに。

でもね、そのうち次々と、楽しい話し相手がやって来るから、待ってなよ。

 

 

魂の片割れは宇宙戦隊

私は元々テレビっ子だったけど、試験勉強をするために数年前から、テレビを(恐らく神さまの指示により)遠ざけられました。

だから、今でも、好きなスポーツのを観るくらいで、普段はほとんど観ません。でも、昨日テレビをほんの数分つけた瞬間、1,000円で投資だか、FXだか、株だかができるようになったとの話題をやっていました。

私はこのたぐいの話しはよく分かりませんが、株をやっていたお父さんも、今思えばギャンブラーだったのです。そして、投資家をしていたが、ニッチモサッチモいかなくなった人に会ったりします。

※※私は投資家が良いとか、悪いとかを言ってるわけではありません。個人的な見解で、お父さんの会社が人の手に渡ったのも、株で少なからず儲けたあぶく銭が、泡となったと思っています。だから、私は投資や、ギャンブルで稼いだお金は、バブルのように弾けると思っています。

昨日のテレビの若者も、誰でも大金持ちになれる!とか言われてうなづいていましたが、まるで、催眠術にかけられているのか、魂が抜けているのか、果たして合成なのかはよく分かりませんが、まさに、その姿はもぬけの殻でした。

いくら高校で勉強をしなかった私でも、皆んな大金持ちなら、紙幣価値が下がるだけだし、どこかの誰かのお金が、そちらに流れたと言うだけで、そのどこかの誰かに、あなたがいずれなるのだよね…。若者よ。あなたが、中毒になったら、その隣の人も中毒になってくれて、いいカモってだけだよね…。若者よ。

とか、思ってしまった。

騙されて人生を棒にふるとか、あんな被害にはあってはいけないとか、いずれ来る不安のために、子供たちに必死に習い事をさせ、いい学校に行かせ、いい仕事に就かせなくてはと、お金は不安を防ぐために使われる。

そして、お父さんは身を粉にして働き、お母さんは一人で子育てにほんろうし、子どもは親の期待に応えようと自分を押し殺す。

たったこれだけの話題でも、こんな妄想をしてしまう。でも、果たしてこれは妄想なのか?

世の中には、恐怖と、言われるものは身近にごまんとある。

病気に、犯罪に、イジメに、貧乏に、無職に、戦争に、事故に、差別に、過酷労働に、格差に、テロに、個人情報流失に、サイバーテロに、数え上げればキリがない。

それらに、人々は怯え、お金が全てと言う。

それらに、人々は怯え、学歴が全てと言う。

それらに、人々は怯え、仕事が全てと言う。

それらに、人々は怯え、宗教が全てと言う。

それらに、人々は怯え、人の顔色を伺うようになる。

それらに、人々は怯え、他人も、家族も信じなくなる。

それらに、人々は怯え、家族が愛を持って団らんすることを忘れてしまう。

それらに、人々は怯え、お金を稼ぐことが全てだと思い込む。

それらに、人々は怯え、自分の信じた、偏ったものにしか心を開かなくなる。

それらに、人々は怯え、詰め込み教育が必要だと思い込む。

それらに、人々は怯え、ついには心を失くしてしまう。

それらに、人々は怯え、子どもたちを潰してしまう。

学校も、親も、社会も、世間も、全てにおいて、子どもたちを潰していくのだ。

でも、恐ろしいことに、そんなことをしているとは思いもせず、子どもたちのためだと信じ、本当に宇宙が求めていることをする人に対しては、いい加減なやつだ、怠けている、変わっている、甘えている、ひがんでいるのだ、不誠実だ。などと、受け入れようともしない。

ついには、廃人となった子どもたちや、人々で溢れそうになっている。

私は、この現状を見ている。これは、私のカルマが見せているものでも、私の心が具現化されているのでもない。ただ、今の地球を見せられているのだ。

だから、多くのスピリュアルな者たちが慌てふためいているように思う。しかし、この恐怖をばら撒かないように、静かに危機の処理をしようとしているように思う。

私には寝る子を起こすな。と言う言葉よりも、真実を見よ。と言う方が、このブログに出逢ってくださった方には、必要なことだと思う。

でも、自分の家庭だけを思っていては、必ずやしっぺ返しがやって来る。

私は大きな声で、地球を守りたいんだ!なんて言うほど熱くなってはいない。でも、地球の危機だと気づいてしまっているのだ。

本当は気づかない方が、一見、気楽で楽しい人生だけど、そんなことしてたら、あと何回、輪廻転生させられるんだ。そんなのイヤだ!

だから、仲間のライトワーカーたちへ、戦闘開始なのだと合図を送る。

もちろん、戦闘は正義を振りかざすことではない。このブログに書いてるような、日常の気づきを得たら、魂の片割れに出逢い、そこからは各人の使命を果たせば良いのだと思う。

それは、一生懸命働くお父さんが、妻に感謝し、子の成長を喜び、一生懸命働くお母さんが、夫に感謝し、子の成長を喜ぶ。そんなことも、戦闘なのだ。そこには、お金も、学歴も、安定した仕事も、介在する必要はないのである。

このブログは、実は初めから、そんな内容を色々な角度から言っていたに過ぎない。

最近、少し信用して頂けた分、少しヘビーな表現になっただけのことだ。

ふぅー疲れたぁ。

今度は猫になろっ *1

*1:ミ ̄エ ̄ミ

魂の片割れとマザーアースへの使命を果たす

魂の片割れに勇気をもらう。という記事を先程アップしました。題名にミスがあり訂正しました。私は、ほとんど自動書記と言って、頭で考えて書くスタイルではなく、心が受け取ったことを、書いていると言うスタイルです。なので、ミス入力などもあり得ますし、私の波動が上がれば、古い内容は、更新されることもあり得ます。

あとは、今回の記事はこの内容にしなさいと。入力と共に、頭が理解して書いていることもあります。

なので、内容を考えるのに苦労すると言うことはありません。ただ、スマホだと疲れる、読み直しは面倒くさい。と言ったことはありますが…。

実は、以前moon724さんからメールで、アップする前のコメントを削除して欲しいと、来たことがあり、私は慌てて、どうしてもアップさせて欲しいコメントなので、許可して欲しいと頼みました。

そしたら、彼女はコメントをアップするのを許可してくれました。その時に、私は彼女に、私がこのブログで一番伝えたいことに繋がるから、と言うようなことを訴えました。

それが、先程の記事の内容に触れることだったのです。

でも、その時の記事は、ここまでハッキリと指摘するような内容にはしていませんでした。私に、怯えがあったからです。

やはり、大勢の方が支持されているものの、真実を暴露すれば、攻撃的なサイキックエナジーが来たり、ネガティブな声が聴こえて来るのが怖かったからです。

しかし、一連の流れで、この記事まで辿り着けたことに安堵を感じています。

以前の記事にも書きましたが、私はブログを今の形にする前に、二度ブログの削除をしました。その時も、恐怖からでした。

昨日、遊びに出かけた先に、近所の農家のおばあちゃんが育てられた、可愛らしいお花が売れていました。私はそれを見て、お墓に参れと言うサインなのだと気づき、帰り道に寄りました。

そしたら、私の実家の墓石には、しっかりと、神社のお祭りと同名のカドナ(旧家に付けられている呼び名)が刻まれていました。

また、母の戒名(お墓に刻まれてる、霊となってからのその人の名前)には、私の絵につけている名前の【華】の字がありました。

(神社との関係については、以前の記事に書いています。)

やはり、私には産土神社の神さまと、お母さんが守ってくれているので、心配しなくて良いと言うことなのです。

そして、お墓まいりを終え、帰る途中で、呼ばれている!っと気づいたのです。

それは、私の産土神社にも、深く関わりのある神の魂と書く神社です。

そして、お墓参りの帰り道に、そちらの神社へお参りしたのです。

私のすべきことを教えて頂きたいと。

つまり、宇宙の叡智に導いて頂きたいと。

そしたら、今日の記事は、先程の内容となったのです。

そして、信頼できるヒーラーさんの、アドバイスが頂ける機会が訪れたのです。私が知る限りでは、この方は、遠隔ヒーリングくらいで、アドバイスは中止されていたようなので、まさしくお導きだったのでしょう。

また、このヒーラーさんは、私と、子供たちの産土神社も教えてくださった方でした。

神社を信じる、ヒーラーさんを信じる、神を信じる、お墓まいりをする。と言うのは、個人の自由なので、それらをするしないの選択は本人次第です。

しかし、産土神社にお参りをしたことで、先程の記事を書き終えて、涙が出た理由が、マザーアースにおける、私の1つの使命が果たせたことを、魂が喜んで泣いたのだと、知ることができました。

私の頭では、良くないよ!と思っていても、恐怖のリスクを背負ってまで、ブログなんかで、発信しなくてもいいよ。と思っていました。

でも、魂は、真の私の使命を知っているので、喜んだのですね。

魂の片割れに勇気をもらう

どうしてだろう??

久々に、あるサイトを見る気になったのは??

どうしてだろう??

カルマなんて過去の産物っとか言って、まだ不安に感じてるの??

どうしてだろう??

カルマなんて無くて、商品買えば幸せになるはずなのに、商品買い続けるのは??

どうしてだろう??

地球が二極化となって、カルマとか言わなくても大丈夫とか言って、ブログ追いかけ回してるのは??

どうしてだろう??

商品が一杯売れて、嬉しそうに見えるのは??

どうしてだろう??

そんなことしてる人が怖い。と、怯えてしまうのは??

どうしてだろう??

人気ブログリストに、皆んな幸せぇ。っと言って商品売って、自分もノリノリなブログと一緒に、地球の危機を言ってるブログが、同時にランキングされてるのは??

どうしてだろう??

皆んな幸せのはずなのに、その人の幸せは、自分の恋愛と、お金がタップリ手に入ることだけが、幸せと感じてるように思えるのは??

どうしてだろう??

こんなに恐ろしい思いして、こんなに恐ろしいこと、書かされているのは??

どうしてだろう??

信頼できるヒーラーさんは、ランキングに入っていても、ひっそりされているんだろう??

どうしてだろう??

売れてるヒーラーさんは、ランキングに入って、ギラギラされているんだろう??

どうしてだろう??

信頼できるヒーラーさんは、伝えるべきことは、嫌われても伝えてるけど、愛が感じられるのは??

どうしてだろう??

売れてるヒーラーさんは、ハッピーなこと伝えられてるけど、愛が感じられないのは??

どうしてだろう??

信頼できるヒーラーさんは、ランキングに興味はないのは??

どうしてだろう??

売れてるヒーラーさんは、自分の拡散方法が上手いのは??

どうしてだろう??

信頼できるヒーラーさんには、安心できるのだろう??

どうしてだろう??

売れてるヒーラーさんには、心臓のドキドキとバクバクが激しくなるのは??

どうしてだろう??

あなたがカルマがあるって思うのは、自由だからね!勝手にそう思ってな!っとか言いつつ、カルマ増やしてるのは??

どうしてだろう??

カルマがあるって思考があるから、具現化されてるんだよ!っとか言われつつ、信者はそんな思考は持っていないはずなのに、商品買っても一向に不安が無くならないのは??

どうしてだろう??

こんな辛い使命を与えられるのは??

どうしてだろう??

この使命も、勇気を出せと魂の片割れが後押しするのは??

どうしてだろう??

ブログを書いてて泣けてきたのは?? 

魂の片割れの自尊心を守る

私は小学校の時、イジメられていたことがある。もちろん、それ以降も嫌われたことはある。このくらいの経験は大抵、皆んなあったと思う。

そして、今の職場でも、人が見ていないところで、イジメられた。

でも、イジメる人は、私が卑屈で怯えてるとドンドン向かってきた。

そして、私がイジメられてることを、誰にも言わないのを知っているから。

イジメたら、余計に私がビビるの知ってるから。ドンドンやって来た。

まあ、魂の片割れには伝えて、助けてくれたけどね。助けると言っても、具体的に何をしてくれたとかじゃなく、気にかけていてくれた。と言うこと。気は晴れたけど、対策とはならなかったな。

それからの私は、つまりたったの2年前から、ようやくイジメられなくなってきた。まぁ、ジワジワしたのはやられても、今までとは明らかに違っていた。

じゃあ、私は何をしたのか?

堂々とした振りをしたのだ。イジメられても気にしなていない振り。人に悪口を言われても気にしてない振りをした。

こんな風に振る舞うと、イジメがいが無くなったらしい。

そして、今では何かされたら、相談することはできるから、何も怖くない。

そしたら、堂々とした振りから、堂々とした姿が板についてきた。だから、今では自分の意見も言えるタイミングもできてきた。

堂々としている=威張ってるように見えるのが、嫌だった。私と同じで、そんな風に思っている人は、多いと思う。

今までは、心の中の思いが腐って溜まっていたけど、腐った物なんて溜まらなくなってきた。

そしたら、いい仕事ができて、いい人たちと出逢えて、心から楽しんで遊べるようになった。

これは、威張ってるのではなくて、周囲に流されるのではなく、不動の心になれたのだ。

ようやくここまで辿り着けた。

痛めつけられ、けなされ、踏みにじられ、矢を突き刺され、蹴飛ばされ、笑われ、馬鹿にされてきた。

だから、私は皆さんにも、クライアントにも同じことを伝える。堂々と振る舞えと。まずはそこからだと。

人にけなされない自分を取り戻したら、自分が自分をけなさなくて済むのだ。

自尊心を取り戻すのだ。たとえ、その間、一人ぼっちになろうとも、ぼっちを楽しみ、味わい尽くせばいい。

そしたら本物の強さが身につくから。

魂の片割れは、やられてる私を気の毒に思って、気にかけてくれても、それは愛ではなくて、援助でしかなかったのだ。もしかしたら、同情だったのかもしれない。

でも、自尊心を取り戻した私は、たくましく、堂々とし、魂が輝いているだろう。だから、それに気づいた人は、私をほっときはしない。

もちろん、魂の片割れも、こんな私には、愛を感じないではいられないはずた。

強さとは、自尊心を持つこと。そしたら、本物の優しさが与えられる。そしたら、孤独に打ちひしがれず、孤高でいられる。そしたら、愛に溢れた人と共に過ごせる。そしたら、周りには愛が溢れ出す。

私は、光の道を選んだ。でも、時間をかけ過ぎた。だから、皆さんにや、クライアントには、私ほど時間をかけないで欲しいと思っている。

でも、あなたが、どの道を選択するかは、あなたが決めることだから、私には決定権はないのである。

魂の片割れのことは、何があっても嫌わない

魂の片割れのタイプを受け入れる。にmoon724さんからコメントをいただきました。

ありがとうございました😊

そうなのです。絵が届いてからは、カルマに気づくできごとや、絵の示すhappyが起こってくると聴いています。

カルマも自分で乗り越えられる形で、来ていると聴いています。

ところで、ご自身でもお気付きのように、確かに1つ目のコメントは、依存そのものですよね。

2つ目は、感のいいあなたは、私がそれを指摘するのが分かったので、コメントがアップされる前に、先に謝っていますよね。

でも、一旦出た文字は相手に伝わりますから、取り下げられないのですよ。

何度も書いたように、私はやはり依存されるのは大大大大大大大大大大大嫌いなのです。

それに、2つ目はのコメントは、嫌われたくない。と言うあなたのカルマですよね。つまり、いい子でいたいと言うことですね。

先日の記事で書いたように、依存する方には、このブログを通しての宇宙エナジーは、伝わらないでしょう。

あと、私はいつも書いてるように、このブログは、ずーとするかもしれませんし、ある時フェイドアウトするかもしれません。

私はブログを止めることで、誰かが残念がることに、心を痛めたりはしないのです。

なぜなら、私は嫌われても平気なんですよ。

しかし、私の読者が一人も居なくなっても、皆んなから嫌われても、私が、ブログを続けたければ続ける。と言うだけのことなのです。

どうか、自立した心で読者となってくださいね。

相手にお礼を言いつつ、私の不愉快な気持ちをハッキリと伝えます。そして、最後に、あなたが自立したら、宇宙エナジーが伝わる可能性を伝えています。

相手にお礼を言いつつ、自分の尊厳を守り、相手を許す気持ちも伝える。これも、アサーションの伝え方ですね。

一見、厳しいのですが、自分に重荷を乗せられるよりは、ずーといいですからね。誰かの重荷を背負わせられるなんて、まっぴらゴメンですよねぇ \٩(๑`^´๑)۶// ウチはいらんから、自分で背負っといてください。

それと、ついでに、この読者の中には、嫌われたくないカルマ、良い子でいたいカルマ所持者、多いと感じますよ。

皆んなに嫌われても、魂の片割れは、何があっても嫌いませんし、言うほど皆んな嫌ってないですしね。ただのコミュ不足や、勘違いや、思い込みだったりしますからね◎

世間の目からの解放と、甘えからの脱却による自立が重要ですね。

PS.

この記事のコメントは、NOサンキューですよ。真の明るい話題を待っています。

何度も言いますが、私にはゴマカシの明るさとか通用しませんからねぇ ( ^_^)/~~~fight!